めっちゃ良いって聞くGMOペパボのインターンに参加してみたらホントに楽しかったという話。

こんにちは、夏に向けて筋トレを明日から始める予定のすぎたです。

先日GMOペパボのエンジニアインターンに参加してきました!☆
前々から「ペパボのインターンは最高だ!」「ここのインターンはおもしろいぞ!」という評判はちょくちょく聞いてたので2019冬のインターンの募集に思い切って応募してみました。

こんなインターンだったよ

そんなこんなで東京にやってきた。

ICOCAの残高不足で改札にブロックされるという東京の洗礼を浴びながらもなんとかペパボのオフィスが入る大都会渋谷のセルリアンタワーにたどりつくことができたインターン初日。関西と違ってあらかじめチャージしておかないと改札にブロックされるという人情味のないシステムに慣れ始めたインターン8日目。
8日間のインターンの日程はこんな感じでした。

開発に使える日数は7日間で最終日は成果発表というスケジュールです。

すぎた

は、華金会!?こんなん絶対行くやつやん!!金曜日はよ!!!
そうなんです。GMOインターネットグループにはGMO Yoursというカフェ兼コミュニケーションスペースがあり、金曜日の夜になるとお酒が無料で提供されるという太っ腹制度があるのです。

もちろん金曜日の夜はビールで乾杯しました。

すぎた

金曜日のために一週間頑張れるよね👀
平日のYoursもこれまた良くて、自分のタンブラーを持っていけば某人気カフェのようなオシャレで美味しいドリンクを無料で注いでもらえます。

もうすでにインターンに参加した甲斐があった〜^^!という感じですがペパボのインターンの良いところはこんなもんじゃありません。

ペパボインターンのここがいいぞ!(もっとあるけど頑張って3つにまとめました編)
  • みんなオモシロイ
  • 実際の開発業務に携われる
  • ご飯が美味しい

みんなオモシロイ

とにかくペパボのパートナー(社員のこと)の皆さんは優しくてオモシロイ方ばかりなんです!
お昼休みにパートナー同士で自分の作ったものを見せ合うというmini Pepabo Maker Festivalなるものに参加させてもらったのですが、これガチで売れるんじゃないか!?というものからクスッと笑えるジョークアプリ、社内で結成されたバンドのCDなど皆さんオモシロイものづくりをされていました。

(最終日の発表プレゼン資料から抜粋。)

普段からオモシロイものを作ってやろう〜!というパートナーの皆さんの姿勢がとてもステキでした。

その他にもペパボを感じられる場面がありました。
例えばこれ!

オフィスに溢れるぬいぐるみたち。
僕が参加させてもらったSUZURI事業部のチームではポケモンのぬいぐるみを持ってお昼会議をするなんて日もありました。(訂正:毎日ぬいぐるみ持ってた)
こんな雰囲気がペパボだし、ペパボだよなー、ペパボだわ!と思います。

あと業務中にTwitter見てOKということもペパボらしいですよね☀️

とにかくパートナーの皆さんのオモシロさが伝わってると嬉しいです!!(なげやり)

実際の開発業務に携われる

ペパボのインターンのここが素晴らしい!2つめは実際の開発業務に携われることです。
5日間でチームを組んでサービス作りを体験しましょう〜!というインターンも良いと思いますが、やはり実際に使われているサービスの開発に携われるというインターンは勉強になることが多いです。

今回の冬インターンでは4人が参加して、それぞれ1人ずつにメンターとなるパートナーの方についてもらって現場の開発業務を体験しました。
振り分けはminneサーバーサイド、iOS、アンドロイド、SUZURIサーバーサイドにそれぞれ1名ずつでした。

僕は自分のグッズを簡単に作れて販売もできちゃうSUZURIのサーバーサイド(Rails)を担当させてもらいました。

(豆知識:髪切る前でボサボサヘアーでインターンに臨みました。)

SUZURI事業部で実際に割り振ってもらったタスクはデーターベースのテーブル設計からRailsのMVC、Rspecでのテストまで開発の一連の流れを触ることのできるものでした。

初日にタスクを振ってもらった時には「これに8日間もかかるかなー、すぐ終わっちゃいそうだけど・・・」と思ったり思わなかったりしたのですが、ここがペパボの現場業務に関われるインターンの良いところ。

趣味で行うとにかく動けば良い開発と現場のサービス開発の差にビビります!

これまでこれでええやろ^^と作って終わりだった個人開発とは違って処理順やテーブルの名前やカラムの1つ1つまで細かく考える必要があるのが現場の業務です。
僕はこの個人開発と現場開発の差を体験できてペパボインターンに参加してホント良かったと思いました。
あと、Rspecのテストの書き方が掴めて非常に有意義だった。

これはコードを書く前のテーブルやUIの設計に使ったメモです。

コードを書くまでの設計で丸3日間を使いました^^;
そのくらい深く考えることが大切なんですなー。

ご飯が美味しい

インターン中のランチでは渋谷のご飯屋さんをたくさん巡ることができました。
渋谷って飲食店がたくさんあるし、美味しいものもたくさんあるし、都会ってすごいなーと感心させられた次第でございます。

心残りなのは月額800円、2時間で充電が切れる僕のiPhone5Sでは気が引けてあまり写真を撮れなかったことです。

最終日にはパートナーの皆さんと美味しい中華料理を食べることができて幸せにインターンを終えることができました。
やっぱり世界を救うのは食だと思うんだよね。

インターンをまとめると・・・

要するにペパボのインターンは楽しくって最高だった!っていうこと。
僕みたいに2ヶ月前まで北アメリカ大陸を自転車で走っていて大挫折して帰ってきたっていう人でも開発につまづいたらメンターの方がサポートしてくれるし、他の学生とも出会えてよかったです。
迷ったら応募してみると良いですよ〜!

あと、インターンに参加する上でも心構えですが、スマブラの基本操作くらいは覚えておいて損はないです。


僕は見事にボコボコにされました・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です