【グランドキャニオンは谷底から見るべし】スリル満点のトレイルを楽しもう!Bright Angel Trail

こんにちは、アドベンチャーサイクリストの杉田親次朗です。

アラスカから自転車でグランドキャニオンまで来てみました。

すぎた

グランドキャニオン大迫力ですねぇ!

ところで(めちゃくちゃ突然)、皆さんはここグランドキャニオンでハイキングが楽しめることは知っていますか?
僕は知りませんでした。
グランドキャニオンは大きく分けて南側の崖っぷちであるサウスリムと北側のノースリムに分けられます。
ほとんどの観光客は観光施設の整ったサウスリムを訪れるようです。
ノースリム、サウスリムどちらにも谷底まで降りることのできるトレイルコースがあります。
今回はいくつかあるトレイルの中でも比較的歩きやすく、初心者にうってつけなブライトエンジェルトレイルを紹介します。(←紹介といってもただ歩いた様子を書くだけ)

それではレッツゴー!

寒さ対策を忘れずに
グランドキャニオンは標高が高く、太陽が隠れると気温がガクッと下がります。一枚は羽織れる服を携帯しましょう。

まずはサウスリムのグランドキャニオンビレッジにあるマザー・キャンプグランドで朝を迎えます。

すぎた

清々しい朝だなぁ

このキャンプ場にはエルクというデカめの鹿がわんさかいました。(自分から近づくのは危険です!)

と、この調子で記事を書くと「いつトレイルに行けるんだ!」って感じなのでぶっ飛ばします。


着きました。

こちらが今回挑戦するブライトエンジェルトレイルの入り口です。

このトレイルコースには約12時間おきに休憩小屋、トイレ、飲み水用蛇口が設置されています。 何リットルもの重たい飲み水を運ぶ必要がないのは初心者にとって嬉しいことですね。

トレイルの入り口ではなんと看板から水が出ます。


それでは、いよいよトレイルを下ります。

今日は片道7.2キロのインディアンガーデンというポイントまで行って帰ってきます。往復14キロ〜!所要時間は6時間〜!

インディアンガーデンの先にもトレイルは続いてまして、頑張ればグランドキャニオンの谷底を流れるコロラド川まで行くこともできます。

しかし、こんな看板を発見しまして今回はインディアンガーデンまでの往復としました。

看板によると...
コロラド川までのコースを1日で往復すると吐くよ!だそうです。コロラド川へ行きたい人はインディアンガーデンにあるキャンプサイトで一泊することをオススメします。

無理せず行こう。

ここからリムとおさらばします。さよなら👋

歩き始めるとすぐに谷底へと伸びるトレイルコースの外観が見えてきます。長い道のりになりそうです…。

おっと!さっそく岩をぶち抜いたトンネルが現れました。アメリカンで大胆なコース取りです。

まだまだ下りです。山登りと違って始めに下るというのは新鮮ですね!大渓谷ならではです。

景色は言うまでもなく最高です。トレイルを歩いているうちはどこからでも絶景を望めます。(ほんと綺麗)

第一休憩ポイントに到着しました。赤土の綺麗なポイントです。今回はスルーしました。

つづら折りのコースが綺麗に見えます。

すぎた

先が長いよ…

ちなみに ブライトエンジェルトレイルには柵がありません。

足を滑らせて谷底に真っ逆さま、なんてこともありますので細心の注意を払いましょう。
雨の日、風の強い日は諦めることも大切です。

谷底へ近づき、標高が低くなるにつれて植生も変化します。鮮やかな緑色をした草が増えてきました。

ザ・砂漠!って感じのサボテンもたくさん生えていました。触らないようにしましょう。(痛いです)

今回の目的地インディアンガーデンに近づくと、そこはすでに谷底。グランドキャニオンを下から見ることができます。

どうですか!この絶景!

グーグルマップの口コミに「グランドキャニオンは下から見てこそ本当のすごさがわかる!!」とありましたが、本当にその通りでした。

リムから見るよりも近く、大きくグランドキャニオンを感じることができます。

そしてリムから約3時間で目的地インディアンガーデンに到着しました。

(思ったよりも何もないインディアンガーデンでした。)

そのあとは昼ごはんを食べて復路を歩きました。

復路、登りは2時間弱かかりました。(下りよりも登りの方が早いのはなんでや…)
スリル満点で1日楽しめるグランドキャニオンのトレイルコース最高でした!

正直、グランドキャニオンの観光ってすぐ終わっちゃうじゃん。と思ってましたがトレイルを歩いてからは グランドキャニオンすげぇえ! ってなったので皆さんもグランドキャニオンの谷底まで歩いてみるべし!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です