旅人ノートに「チャリで来た。」とラクガキして すみません。【北米旅#31】

▽前回の記事でリアード・ホット・スプリングスに行ってきたよ!と書きました。

【カナダの温泉】Liard River Hot Springsを堪能してきた!【北米旅#30】

ホットスプリングス近くにキャンプを張った僕たちは2回も温泉に入り、無料でできる最大限の贅沢を満喫しました!

すぎた

最高でしたね〜

すぐ近くのロッジのベンチで朝ごはんを作って食べて、昼寝をして、また昼寝をして、ご飯食べて・・・。

温泉は人をダメにするようです。

ロッジのスタッフはお金を一切使わない僕たちにもフレンドリーに優しく声をかけてくれるので尚更のんびりしてました。

生活リズムはバイソンと同じです。

このバイソンはホットスプリングスの前にいました。


ロッジのトイレで水を汲むついでに置いてあった旅人ノートに「チャリで来た。」と軽い気持ち落書きして、またベンチで寝る。

嘘はついてません!チャリできたんですもの。

自転車のイラストもつけて満足です。

それから1時間後、ロッジのスタッフが出発しようとする僕たちに声をかけてくれました。

スタッフ「ノート見たわよ!あなたたちの文章とイラストが最高にクールだわ!」

ほく「え・・・。あれクールかな・・・笑。」

スタッフ「お腹空いてるでしょ、フルーツカップとサンドウィッチ好きなもの持って行きなさい」

うぉーーー!!!!!!

ありがとうございます!!!!

ということでフルーツカップ2つにサンドウィッチ、そしてコーラを頂きました。

合計30ドル相当。

なんでコーラも付いているのか。

それはサンドウィッチを貰っている時に祥平が「コーラは何円ですか??」と聞いて、「なにコーラも飲みたいの?一緒に持って行っていいよ!」というファインプレーをしたからです。

祥平はコーラを狙って いくら? と言ったそうです。

ちょっとゲスなファインプレーでした。


旅人ノートに「チャリで来た。」って書いて良かったのかもしれません。

カナダの皆さんのホスピタリティに感謝します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です