丘の上のブラックベア VS 道路の上の僕【北米旅#29】

ユーコンテリトリー最後の町ワトソンレイクからブリティッシュ・コロンビア州に入りました!BCっていうみたい。

すぎた

ハローBC!グッバイユーコン!

BCに入るとバイソン飛び出し注意の看板を見るようになりました。

バイソンとバッファローは同じ動物なんだろうか。違う動物なんだろうか。

そんなことを考えながらワクワクした気持ちでBCを1人走りました。

今日も坂が多くて大変です!

カナダは坂ばかりという噂はガチでした。

登り坂の途中で休憩だ!

昨日ワトソンレイクで買ったハムとレタスをパンに挟んで優雅なランチタイムを過ごしました。

なんと大きなハムがセールで4ドルでした。祥平と割り勘して買っちゃいますよね。

すぎた

ハム最高かよ

しかし優雅なランチタイムも10分で終わりを迎えます。

というのも対向車線から来た車のおじさんが「すぐそこにブラックベアいるけど大丈夫か?」と言ってきたからです。

すぎた

おれの優雅なランチタイムタイムが!!ありがた迷惑・・・

あたりを見回してもブラックベアの姿は見えなかったのでとりあえず休憩をゆっくり取りました。

そして20分後に出発。

そろそろクマは森に逃げたかなと思いながら30メートル走ると・・・

丘の上からこちらをジッと見つめる黒い影が・・・。

すぎた

ブラックベアおるやんけ!( ゚д゚)

すぎた

コッチ見んな!( ゚д゚)

クマがこちらを見つめている時に逃げてしまうと獲物と認識されるため停車します。

クマとのにらみ合いが続きました。距離は30メートルくらい?

クマがこちらに寄ってくるかどうかは運次第です。

すぎた

へーーーい!ベアーー!来るならこーい!

車の通りもないためとにかく声で威嚇します。

・クマに背中を見せない。

・騒いでおく

これ大切なり。

3分間のにらめっこの後、クマは茂みの中へ逃げて行きました。

すぎた

あー、面白い体験した。

今日はこれで満足。あとはバイソンも見れないかなーと思って再び走り始めました。

Contact Creekのガソリンスタンドのトイレで水も汲んで上機嫌になりました。

田舎というレベルを超えた未開拓地にポツンと営業しているガソリンスタンドです。

そして走る。

走る。

走る。

すぎた

アーーーイ!!

ブラックベア ラウンド2

本日2匹目のブラックベアは道路脇にいました。

それに近い。

こちらをジッと見つめています。

すぎた

おーーい!カモーーン!クマー!

またまた叫んで威嚇します。

カモーーンと言っても寄ってこないので英語は通じないようです。

今回は距離も近く、ヤバイかなと思っていたら向かい側からキャンピングカーがやってきました。

慌ててクマを指差して追い払ってもらうように頼み、クラクション鳴らしまくりで事なきを得ました。

すぎた

いやクマ多すぎかて

そのあとには看板通り大きなバイソンも目撃。

デカい牛って感じ。

ヤマアラシやキツネもいましたよ。

ヤマアラシのこんなポーズ撮れたの奇跡でないかい?カナダの観光局の方、この写真差し上げますよ!!

アラスカハイウェイは動物園です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です