エメラルドグリーンの綺麗なMuncho Lakeとオーストラリア人サイクリストとの出会い【北米旅#32】

リアード・ホット・スプリングスを出発した翌日。夕立ちに襲われながらも坂を登り、Muncho Lakeという湖に到着しました。

朝、テントのフライシートを乾かす祥平とMuncho Lake

Muncho Lakeは透き通った水が遠くからはエメラルドグリーンに見えてめちゃくちゃ綺麗でした。

でもユーコン川もエメラルドグリーンだったし、Liard Riverの支流もエメラルドグリーンだったし、カナダはどこもかしこも綺麗なエメラルドグリーンの水が流れています。

そのため特別驚くこともなくローテーション・・・。

Muncho LakeとNorthern Rockyの山々

これまた綺麗な山でした。明日からあの山を越えて行くことを考えると憂鬱な気持ちになります・・・。

そろそろシャワーも浴びたい・・・。

ただいまホワイトホースを出発して9日目です。


Muncho Lake周辺を走っていると、珍しくもサイクリストに出会いました。

彼はオーストラリアで料理人として働いているそうです。

日本にも何度か来たことがあるようで僕たちに「バンザーイ!バンザーイ!」と言ってきます笑

50歳なのにバリバリに自転車乗ってます。日本では若い人ばかりが自転車旅している印象ですが海外は全く逆。

仕事をリタイアしてから長期の自転車旅をする人が多いです!尊敬します。

ちなみに彼はリアード・ホット・スプリングスは観光客が多いという理由で行かなかったそう笑 やっぱりサイクリストは変人が多いです笑


Muncho Lakeを抜けるとNorthern Rockyに突撃します。

めちゃくちゃ登ったり、めちゃくちゃ下ったりで疲れました。

もうクマは毎日見るので慣れたもんですが今日は思わぬ至近距離での遭遇にビックリしました。

右コーナーの隠れた場所にいたブラックベアと道路の右端を通ってきた僕は約3メートルの距離で出会いました。

クマも突然僕が通ったことに驚いたようで、立ち上がって威嚇?してきました。ちょっとビビったけどラッキーでした。

祥平は昨日グリズリー(ブラウンベア)を見たようで羨ましいです。

Muncho Lake公園 Toad Riverの橋にて

今日もソロランなのでセルフタイマーで久しぶりに自撮りをしてみます。

がしかしピントが合ってません!アーメン。

Northern Rocky の山々は岩肌がモロ地層でミルフィーユみたい

車の通りも少ないので、世界に自分しかいないんじゃないか感を味わうことができます。

地球ラストマンごっこです。

そのあとToad River Rodge というガソリンスタンド兼RVパークに着いて水だけ汲みました。

ここも携帯電話は圏外でWiFiは2ドル。

カナダは州都と大きな街しか電波が入りませんが、国民の皆さんはどう思っているのでしょうか・・・。

ま、カナダの人口のほとんどがバンクーバーやトロントなど南に集中しているから問題ないか!

今日はToad Riverの集会所でテントを張って寝ます!

服はベタベタ、毎日同じ靴下、おまけに日に2回は降る通り雨でびしょ濡れの装備。明日も頑張ろ・・・。

祥平の靴下はハムスターの匂いがするようです。

やっぱり我々人類の先祖はネズミでした。


祥平いわく、先月の出費は食費、宿泊費含めて約5万円でした!

節約し過ぎな気がしています。やべえ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です