お久しぶりのサイクリングは過積載によりNOT快適【北米旅#23】

ホワイトホースを出発、1420km先のドーソンクリーク目指して移動開始!!

ホワイトホースにはステイとユーコン川下り合わせて約2週間お世話になった。

ユーコン川下りの記事はまた後日書きます!

大きなノーザンパイク釣ったり、ほとんどカヌーの上で寝てたり、ヒッチハイクで80ドル節約したり、車から2匹クマ見たりと面白い川下りになりました。

今思い出すと8日間歯磨き以外の水を全て川の水で済ませていたのはクレイジーだった。

ラーメン、パスタなど全て川の水。川の水を平気で飲む僕たちに浄水ストローなど必要のないものでした。テスリン川は少し濁っていたけど、雪解け水のユーコン川は美味しかった!

この先また電波の入らない地域が長いのでカヌーとチームフラッグで撮った写真だけ先に載せておきましょう。


ホワイトホースではたくさんの思い出ができた。

今回も自転車版カウチサーフィンのWarmshowerを使って2人のホストのお世話になった。

どちらのホストも本当に良い人たちで、おもしろい話も積もるほどにある。ブログに書いてることなんて旅の5パーセントにも満たないくらいに少ないものなのです。

一方はTHE理想の家族という感じのホストでカヌーのインストラクター。一緒に食べた朝ごはんも夜ご飯も最高に美味しかった。だいすきだ!!

もう一方はALTとして日本でも働いたことのあるホスト。久しぶりの日本米をご馳走してくれた。やっぱり美味しかった。 日本語での会話楽し過ぎた。

皆さんまた会いましょう。街並みも美しく、良い人ばかりだったホワイトホースを離れるのは寂しい。旅ってそんなもん。

田舎は物価が高いのでホワイトホースで食料をまとめ買い。過積載でしかない。

祥平のチャリはもはやオルトリーブから色々と溢れていた笑

まずはクセの強いおっちゃんのいるガソスタでキャンプ用にレギュラーガソリンを1ドル分買った。

ガソリン缶に給油していたら爆発しても知らんぞと言われた。ハハハ。

そのあとはブッシュキャンプ。要は野宿。

キャンプ場が通り道にあったけど12ドル・・・。

いや僕たちブッシュ(茂み)で十分です。ということで通り過ぎた。

約2ヶ月間で使った宿泊費はアラスカの寒すぎて避難したキャンプ場10ドルとフェアバンクスのホステル30ドルだけ。なかなかシビアにやってる。

これからはクマもたくさん出る(もう何匹か見たし!!)のでキャンプ場に泊まる機会が増えそうです。

辛ラーメンを食べておやすみ!

ブッシュキャンプ最高!!!

僕たちはどこでも爆睡できるスキルを持っている。クマでもなんでもウェルカム。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です