【Panasonicランドナー】OJC4のオーロラカラーが渋くてカッコイイので紹介する

以前こちらの記事で僕の愛車PanasonicOJC4を紹介しました。

【新車紹介!】Panasonic OJC4が納車されました!美しいクロモリランドナー自転車

ここで紹介するのはまた別のOJC4です。

誰のかって??

今回紹介するOJC4は一緒に北米自転車縦断に挑戦する江口祥平の愛車です。

えぐち

わしのやないか〜い!
ちょっと借りるね

すぎた


OJC4の紹介は前回の記事で詳しく書いたので紹介するほど知識がないので今回はサラーッと流していきます。

ネット検索からこの記事にたどり着いた人がもっとも見たいのはOJC4の写真だと思います。

OJC4の購入を考えている人にはオリジナルのカラーデザインを考えるというお楽しみタイムがあります。
僕と祥平もお楽しみタイムでは何度もネット検索をして実物のカラー、色の発色を確認していました。

すぎた

僕たちは悩みに悩んだ結果どのカラーがカッコイイのか分からないというドツボにハマってしまいました・・・。
今でもレーシングデザインへの思いは捨て切れませんねえ!

えぐち

僕たちのお楽しみタイムは レーシングデザイン → グラデーション → 2色 → 1色 という風にどんどんシンプルなデザインを選ぶよう変化していきました。
最終的にデザインを決めた頃の口癖は「シンプル イズ ザ ベスト」になっていました。

それはさておき祥平のOJC4を紹介しましょう。

これだけ見てもわかるカッコイイやつじゃん!!

そうなんです。
祥平のOJC4、カラーはパープル×ブルーのオーロラ一色塗装(ツヤあり)。落ち着きながらもギラついたカラーが渋くて最高にカッコイイのです。

フレームサイズは僕のOJC4と同じ510mm。

前後にネジ穴加工を施したtubusのキャリアを取り付けています。

HAND MADEと書かれたヘッドバッジがこれまたカッコイイですね。

分かりますか!? このピカピカでギラついた感じ!

オーロラカラーは見る角度によってカラーが変化します。
パープル×ブルーはそれほど色が変わっているようには見えませんが、実物はキラリと輝く渋い色がとてもカッコいいです。
落ち着きながらも蒸気機関車のような重厚なカラーリングが目を引きます。

ディレイラーは前後ともにCLARIS。大陸横断でも安心のシマノ製です。

ダブルレバーで輪行も楽々!

クロモリのカッコよさは何と言ってもそのシャープなフレーム。細い!

この自転車があれば大陸横断中も毎朝テンションが上がりそうです。

撮影はいつもの通り夕方の河川敷。

河川敷には桜が咲いていました。満開も近そうです。

桜の季節は北米縦断旅出の季節。

すぎた

ブログとYouTubeをお楽しみに〜!

以上、「祥平のOJC4がカッコ良すぎて紹介せざるを得ない!」でした。

最後に2人のOJC4が揃った写真を貼っておきましょう。


OJC4にtubusキャリアを取りつける作業に一手間かかりました。
Panasonicクロモリランドナーにtubusのキャリアを取り付ける【ネジ穴加工】

OJC4のご提供

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です