まもなく!北アメリカ大陸大冒険!

【学生がスポンサー獲得】旅の計画をA4一枚にまとめた企画書を公開!

私は学生でありながら半年間で約15社から旅の協賛を集めることができました。
ここでは、協賛を獲得するなかで大いに役立った『旅の企画書』を公開します。

これから冒険に出たい!一風変わったチャレンジをしたい!と思う方はお役立てくださいませ。

企画書は飛び込み営業やメールでの協賛要請で大きな効果を発揮します。
忙しい企業側に簡潔かつスピーディーに内容を伝えることを意識しましょう。

さっそくですが僕の作った『旅の企画書』を見ていきます。

この企画書は中村洋太さんの企画書を参考に作りました。

参考

スポンサーを獲得した「旅の企画書」公開!自転車で西ヨーロッパ一周『2010 ツール・ド・ヨーロッパ』中村洋太サゴジョー

ヒトコト!
中村さんについてはコチラの記事で紹介していますのでご参考までにどうぞ〜。
参考

スポンサー自転車旅を成功させた先輩、中村洋太さんにお会いしてきた。【旧ブログ】ALASKAへ行きたい

それではそんな僕の企画書を簡単にご紹介します。

チャレンジの目的

チャレンジの目的には『日本の若者にチャレンジ精神を届ける』という社会的に意義のある目的を設定しました。

日本の若者は他国に比べ安定思考でチャレンジ精神が低い傾向にあります。
それは日本が先進国であり “よい国” であり、挑戦しなくても幸せだからかもしれません。ハピネスな国ジャパンです。

それでも『何かに挑戦すること』は変わらず大切だと思います。

旅の目的に社会的な意義を持たせて企業側に興味を持ってもらいましょう。

あ、この子はただ旅がしたいだけではないんだ。と思わせる熱いスピリットで挑むことも大切です。

中村洋太さんからの応援

トラベルライターとしてご活躍中の中村洋太さんとの写真を使わせて頂きました。
実績のある方から応援して頂くことは信用を高めるためにも重要な要素です。

ヒトコト!
中村さんのブログはこちらから
参考

Run to InfinityRun to Infinity

スポンサーを集めるためにはまず足で稼ぐことです。難しいことは考えず色々な人に会ってみましょう。

先人から教わることはたくさんあります。そこから何か始まるかもしれません。

そのほか

企画書を街角に貼ることもあるでしょう。

僕の場合は商店街に貼った企画書を見た方から連絡を頂いたことがありました。
企画書を見て連絡をくれる企業も多いです。

そのためにも、企画書には連絡先を分かりやすく書いておきましょう
紙媒体とウェブを結びつけるQRコードは現代のインターネット社会では必須かもしれません。
QRコードの生成は誰でも簡単にできます。ブログやHPを持っている方はQRコードの生成をオススメします。
『QRコード 生成』で検索!

まとめ

この企画書はAppleのkeynoteを使って作りました。
keynoteは少し使いにくかった_φ( ̄ー ̄ )PowerPointかWordを使って作り直す予定です。

すぎた

まだまだブラッシュアップが必要。もっともっと分かりやすい企画書目指します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です