暖かさを求めて南へ!

2日間蛇口から出るチェナ温泉を飲み続けたからか、僕も祥平も少しお腹の調子が悪い。

と言っても腹痛とまではいかず普段から水道水と雪解け水でお腹を鍛えた甲斐があった。

ちなみに温泉水は硫黄の風味がバツグンで最高に美味しくない。まずい。冷まさないと飲めたもんじゃないが3ドルのミネラルウォーターを買うくらいなら温泉水の方がマシだ。

さて今日はいよいよフェアバンクスを離れる。

フェアバンクスのメインストリート、Cushman Stは今日もオシャレでした。

午前は郵便局で不要な荷物を日本へ返送する予定なのでついでにギフトショップへ。

Cushman St 2nd Avenue の角地にあるこのお店はフェアバンクスで1番の品揃え。

『ARCTIC TRAVELERS GIFT SHIP』

自転車じゃなけりゃ置物やコースターも買うのになーと言いつつ、結局財布の中身を見て何も買わず出てくる。

ここはお金を使って良いところなんだ!と言い聞かせてムースの壁飾りを1つ買いました。

これで満足。

 

 

2nd Avenue はこんな通り。

雰囲気○

アラスカでは大都会だ。

買い物の後は郵便局で日本へ配達を手配しました。

2人合わせて97ドルの大散財。

僕たちにとってはとてつもない金額だけど大切な荷物を捨てるわけにもいかず仕方のない散財でした。

でも要らない物を大量に送ってオルトリーブ(自転車のサイドバック)に空きスペースを作ることに成功。

フレッドマイヤーで大量に買い込んだ食材を詰め込んで、明らかに重量オーバーの自転車に乗りフェアバンクスの街を出ました。

州道?2号線リチャードソン・ハイウェイにのって南へ進みます。

160キロほど先のデルタジャンクションからこの2号線はアラスカハイウェイと名前を変え、カナダへと続きます。(たしか)

祥平の荷台にはクリスタルガイザー1ガロン、そのほか水1リットルと食パン2斤が飛び出しています。←1ガロンは約3.7リットル

僕も水を6リットルほど運んでいるので砂漠があれば水を売って生計を立てることができるかもしれません。

今日はフェアバンクスから少し南下した場所にあるノースポールという街の外れでテントを張ります。

日本では熱中症のニュースも流れているってのはマジですか??

分けてくださいその熱。

いま僕の目の前にあるチェナレイクは端から端まできれーーいに凍ってます。今夜も極寒のサバイバルテント泊になりそうです。

春よ、こい。

 

 


今日の夜ご飯は豚肉とニンジン、玉ねぎを炒めてインディカ米にのせちゃった丼。

豪華な食事でした。美味。

SOTOのMUKAストーブは今日もすこぶる快調です。STORM BREAKERは朝。MUKAは夜に使用しています。どちらも良いストーブです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です