おじさんがくれたイチゴとスペクタクルビュー【北米旅#21】

Hanes Junctionのガソリンスタンドの裏、起きると時刻は朝の10時でした。

すぎた

寝過ごした・・・。

それから1時間後に祥平も起床。

3時までブログ書いてた・・・。

えぐち

また1日が始まります。

テントを張らせてもらったFasGasはパンやスナックなど軽食が少しだけ売っていました。

食パンを5.5ドルで購入。田舎は物価が高すぎる!

FasGasに併設されているグロッサリーストアでも食料を買い足しました。

じゃがいもにりんごにみかん、パスタ、袋麺などなど。

これで準備万端です。

遅れながらもHanes Junctionからホワイトホースを目指して2日間のライドへ出発!

空と道と森。同じような景色の中を進みます。

途中、ブラウンベアを捕獲した車が通り過ぎてビックリ!

ベアトラップ デンジャー とかかれた檻の中に大きなクマが見えました。

ユーコンテリトリーには熊がたくさんいるようです・・・。

ランチは手持ちの食材も少ないのでクッキーサンドとバナナで済ませました。

走っていると道路脇にクリスマスの飾り付けにありがちなリボンを発見!

すぎた

だれがこんなところに捨てたの!?

その後、レストエリアで小休憩。

拾ったリボンで自転車を飾り付けしました☆

飾り付けをしてレストエリアまで走ってみたものの膝にリボンが当たって邪魔でした・・・。

仕方ないのでリボンはレストエリアでサヨナラです。

カナダのハイウェイにはレストエリアが40-50キロおきに設けられていて、トイレやゴミ箱が設置されています。

アラスカに比べて道路脇のポイ捨てが少ないのはゴミ箱を頻繁に設置しているからでしょうか。

カナダは道路ごみ対策を上手いことやってます。

リボンもゴミ箱へ。

レストエリアでトラックの運転手と話をして、食パンを食べて、再び走り始める。

自転車って一度止まると再スタートで脚の疲労がモロに出るんですよね。。これがキツい!

しばらく走っていると対向車線を走っていた車が目の前で停車。

降りてきたのはおじさん。

『ストロベリー、ストロベリー』と言いながら近づいてきて、イチゴを2つくれました。

おじさんは天才。

自転車に乗っていると1番食べたくなるものは寿司でもなく焼肉でもなくラーメンでもカツ丼でもなくフルーツ

甘いイチゴは最高の補給食でした。特に手持ちの食料の少ない今はタイミング的にも効果バツグン!

さらにおじさんは360度大パノラマのスペクタクルビューが見えるキャンプ地があることを教えてくれました。

その場所はすぐ近くのようで自転車で5分かかるそう。

おじさん『あの鉄塔見える!?あそこだよ!あの鉄塔の下は景色が最高でキャンプにうってつけだ!』

すぎた

でも丘の上だしなぁ^^;

鉄塔まで行くかどうかは祥平を待って決めることにしました。

1時間待って祥平が到着。やっぱり祥平もイチゴおじさんに話しかけられたみたいでスペクタクルビューキャンプ地の話も聞いていたようでした。

すぎた

どうするー?ハイウェイ逸れるし、もうちょい進みたいけど・・・。景色が良いらしい
うーーん。。ネタだと思って行ってみる?

えぐち

すぎた

うーーーん。行くか。

ハイウェイから横道に入ってダート道を進みます。

すぎた

おじさん!自転車で5分は盛りすぎ!!
今日イチキツいわ!

えぐち

自転車で5分は無理でした。それに斜度もすごくてカナダ国境越えより全然キツかった・・・。

結局20分ほど坂道を登り鉄塔に到着。

確かに360度のスペクタクルビュー!

坂道でイチゴおじさんを嫌いになりかけましたが、景色を見て全てを許しました。

写真では伝わらない迫力ある絶景

夜は最高の眺めを見ながらご飯を食べ、テントを張りました。

明日はいよいよユーコンテリトリーの州都ホワイトホースへ到着です!

ではこの辺りでサヨナラ!

ホワイトホース−ヘーンズジャンクション中間地点、スペクタクルビューの丘にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です