『金持ってるか?』と話しかけられて【北米旅#13】

Birch Lakeで迎えた朝は清々しくて、心地が・・・

良くない!!!

なぜなら深夜3時までオーロラ待機をして結局何も見られなかったから。

すっごい眠い!!

この時期はほぼ白夜で深夜の2時でも陽の光がオーロラ鑑賞の邪魔をする。やっぱりオーロラを見るならば夜の長い冬の方が効率が良さそうです。

オーロラに始まり、今日は朝からついてない。

祥平は食パンを小鳥にかじられた笑

オルトリーブの中にしまうのを忘れていたらしい笑

さらに朝ごはんのパスタを寝ぼけて地面にぶちまけた。

大切な麺なのでこの後一本残らず拾いました。

朝ごはんを食べ、寝不足の体にムチを打って出発した。

雪解けの始まったTanana Riverは淀川や太田川の何倍も大きい。そして思ったより流れがはやい。

基本的に登り坂になると僕が前に出て、祥平は後ろを走るので、2人別々に走ることになる。

今日はわずか4マイルほどを2人で走ってからは完全に別行動。

なので基本的にセルフタイマーを使った自撮りになるのです。

2人それぞれ、自分のペースで別々に走るのが僕たちのやり方。(たまには喋りながら2人で走るけどね!)

山岳地帯を抜け、平地に出てすぐのTanana River横で休憩。

ランチは一緒に食べたいので、後ろを走る祥平を待つ。

・・・。

・・・・・。

30分待っても一向に祥平がこない。。

!?祥平クマに食べられた!?!?

と思って逆走を決意した時、祥平から連絡が。

今日はのんびり走るから先にデルタ行っといて!

 

どうやら生きているようなのでクッキーサンドとバナナを食べて、また1人で走り始めた。

後から聞くとフロントバッグの中に醤油をこぼして遅れていたらしい笑

向かい風がひどく、無茶苦茶疲れながらもBIG DELTAのTanana Riverにかかる橋まできた。

ここまでくると今日の目的地、デルタジャンクションはもうすぐです。

山が美しい。Tanana Riverは雪解け水で茶色く濁っている。多分栄養満点。

橋のすぐ横にある岩壁

どうやってあんな高いところにラクガキをしたんだ??

それから1時間。

デルタジャンクション到着!!!

メインストリートはアラスカにしては都会だ!

メインというか通りは一本しかないのだけど・・・。

デルタジャンクションは名前の通り、ハイウェイの交差するジャンクションに位置している。

このジャンクションが町になるパターンがアラスカではよくあって、〇〇ジャンクションという町の名前は多い。

デルタジャンクションの次の町Tokもハイウェイの交差点にできた町です。

僕たちはここを左に、アラスカハイウェイへと進みます。

ここでフェアバンクスから約160キロ(約100マイル)通ってきたリチャードソンハイウェイが終わり、1422マイルと長すぎるアラスカハイウェイへと道が切り替わる。

モニュメント前ではタイマーのタイミングをミスりました。

それからデルタジャンクションのスーパーで祥平を待つ。さすがはデルタジャンクション、スーパーもミドルサイズ。

入り口のすぐ前に自転車を停めた。

待ちぼうけをしているとアメリカではたくさんの人が話しかけてくれるが今日はいつも以上だった。

入り口前というロケーションもあってか、通る人のほとんどが僕の自転車を見て話しかけてくる。

色々な人と色々な話をした。

我ながら英語が少しは話せるようになった気がしなくもない。

待てども待てども祥平は来ないので、リンゴを食べていた。

すると1人のヒゲを生やしたおっちゃんが声をかけてくれて、

旅の話とこれからカナダへ行く話をした。

ひと通り話終わると

Do you have any money?(お金は持ってるのか?)

 

と言われた。

突然お金の話になったので困惑していると

おっちゃんが20ドル札を渡してきた。

肩をポンポンと叩かれ、頑張れよ!的なことを言われた。

おっちゃーーーーん!!!

めっちゃappreciate 。

20ドルなんて大金を自転車に乗ったよく分からない日本人に渡してくれるなんて、感謝だ。

そのあとも日本に行ったことのあるおばちゃんや自転車が趣味のおじさんと話して祥平を待った。

ええとこじゃ。アラスカ。

それから祥平も無事にデルタジャンクションに到着しました。

晩御飯はハンバーグを作った!こりゃうまい!

今夜はデルタジャンクションにてテント泊です。

オーロラ待機のせいで眠いからもう寝よ。。

おやすみ!

2 Comments

0601 0603 0604 0605 0606

20ドルって、俺があげた3000円以下じゃねーか。
いつも楽しみにしています。小ネタがもっとあると更に面白いです。
えぐっちゃん、渋い

返信する
杉田 親次朗

江口の本来の姿はこっちです!
3000円は本当にありがたい!!!
なにか面白いことないか探しときます笑

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です