Hintonでの生活はツリーハウス!?【北米旅#40】

キャンプ場と違って野宿は静かでいいです。

でもね、たまにこんな場所でも車がUターンしに来るからドキドキよ。

それが野宿ってもんよ!一長九短。

今日野宿したのはGrande Cacheから80キロほど進んだ地点。ハイウェイから逸れた横道に絶好の野宿エリアを発見した。


ちょっと寝坊しちゃったが目的地Hintonまでは60キロなのでセーフ。400mUP、なんてこと無い。

Grande Cacheまで馬鹿みたいに登ったご褒美がここで返ってくるのだ。下りに下った。

奥にカナディアンロッキーが見えてきてテンションも上がりに上がる。

最高だ〜!自転車って。

そして・・・

出ました!カナダ名物『エメラルドに輝く川』

生で見るとエメラルドグリーン!宝石のような川だ。標高の高い山が近づくと決まってエメラルド色の川が流れている。

そしてHinton到着!

Hintonは世界遺産カナディアンロッキー、北の玄関口と呼ばれるジャスパー国立公園に1番近い町。

70キロほどでジャスパーにアクセス可能だ。

だけど困った。

天気予報を見ると明日から3日間雷雨ではないか。

すぎた

これにてカナディアンロッキー終了。
オワタ・・・

えぐち

仕方がないので必殺技を使う。

自転車版カウチサーフィンWarmShawerで部屋を貸してくれるホストを探した。

これがまさかの成功!

め〜ちゃくちゃ良い人に巡り会えた。

これで雨が止むまでHintonに滞在できるぞ!っと一安心してホストの家に向かった。

どれどれ〜僕たちが泊まる部屋はどこだろう。

!?!?クセがすごい〜!

ツリーハウスってやつじゃ〜。


結果、ツリーハウスに3日間こもって雨と戦いました。

このツリーハウス、実はただの物置で雨漏りが凄まじい笑

ボロ雑巾を床いっぱいに敷いたり、それこそ言葉の通り雨と戦った。寝ている間、顔に水滴が落ちてくるのはホント辛いぜ。

でも普通の部屋より思い出がたくさんできたからOK👌ありがとうブルース。


【小話】

Hintonに到着した7月1日はカナダの建国記念の日Canada Dayでした。

ホストの家では友人をたくさん招いてのパーティーが開かれてました。20人くらい来てたかな。

君たちも参加していいよ!ってそれハードルの高さ鬼!!!!Happy Canada Day言うときました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です