ジャスパー国立公園へ自転車で突入!初日から圧巻のカナディアンロッキー【北米旅#41】

Hintonに3日もステイするとは思っていなかった。雨、雨、雨の三日間を共に過ごしたツリーハウスを出て、今日はいよいよ世界遺産カナディアンロッキーへ突入する。

ありがとうツリーハウス、またね。

Hintonからジャスパーの町まではほとんど平坦。

カナディアンロッキーということで登りを覚悟していたが初日はラッキーステージらしい。(ただし明日から地獄?)

天気がだいぶ回復したとは言え、まだ降るときは降る。

ジャスパー国立公園の入場ゲート付近で通り雨に降られた。

世界自然遺産に指定されているカナディアンロッキーというエリアはジャスパー国立公園やバンフ国立公園、マウントロブソン州立公園など幾つかの自然公園で構成されている。

このエリア内へ入るには一晩9.8ドルの入園料が必要なのだ。

すぎた

高すぎだよ!

公園内を走り尽くす予定の僕たちは9.8ドル×4泊で約38ドル分のお金を払って入園。

高いお金を払ったのだから公園内の美化に努めておくれよ・・・。(心の声)


ジャスパー国立公園に入った瞬間から景色がすでに限界突破してる。

綺麗すぎるの一言。

控えめに言わなくても最高だ。

平坦なので30キロ巡航で景色を楽しみながら流した。どこを見ても絶景で祥平と2人感動した。

ちょっと休憩。バナナを食べる祥平。

休憩しながらこんな景色見られるんだもん。そりゃ最高ですよ。

祥平は『富士山がいっぱいある〜』と言っていた。おお、そうだな。


ジャスパーの町にも難なく到着。

「こんなトコまで来ちゃったか俺たち」と笑いながら進む。

ジャスパーは綺麗な町だ。

有名観光地なだけあって大型バスがどんどん入ってくる。世界中から観光客が集まってくるようだ。

街中からもこんな絶景が見れるんだからすごい。

山は天気が変わりやすい。だから虹も出やすい。

それにしても出すぎだろ!!

肉眼だと3本の虹が確認できた。横断歩道の虹も入れると4本だね🌈

ジャスパー、町の雰囲気大好きだ。

なんというか、これは訪れた人にしか分からない・・・。そんな雰囲気がそこにはあった。

こればっかりは皆んなも行ってみてと言うしかない。

ちなみに写真はビジターセンター。祥平は『関学じゃ〜ん』と言っていた。そうだな。関学だな。

話を戻す。

カナディアンロッキー初日から飛ばしすぎ、美しすぎ。明日からの絶景で死なないようにする。


世界遺産の国立公園内で野宿はできない。なのでジャスパーの町から近いwhistlers camp groundというキャンプ場でテントを張った。そして深夜の1時にこの記事を書いているってわけです。

明日は7時半起き。早起き頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です