スポンサー自転車旅を成功させた先輩、中村洋太さんにお会いしてきた。

何事も先人の教えから学ぶことは数多くある。

中村洋太さんは7年前、15社の企業協賛と300名からの個人協賛を集め、自転車で西ヨーロッパ12ヶ国を一周する企画『ツール・ド・ヨーロッパ』を成功させた。
言わば海外自転車旅の先輩である。

中村さんは『ツール・ド・ヨーロッパ』の後にも四国無一文の旅東京~大阪間600km徒歩の旅アメリカ西海岸自転車縦断の旅など多くのチャレンジを成功させてきた。

そして、現在はフリーランスのトラベラー・ライターとしてご活躍中である。

中村洋太さんのブログをチェック!
参考

Run to InfinityRun to Infinity

面白い記事ばかりでお薦めです

中村さんは一言で言うとスゴいお方です・・・!
そんな中村洋太さんにお会いしてきました。


中村さんが『ツール・ド・ヨーロッパ』を成功させたのは7年前、2010年夏のこと。
大学4年次の中村さんは旅に出るまでの僅か3ヶ月間で約70万円の資金を個人協賛から集め、さらには航空券や自転車、カメラなどの物資を企業協賛で手に入れた。
短期間にも関わらず、中村さんは総額にして約150万円の調達に成功したのだ。

当時、アルバイトで資金を貯める時間的余裕がないと判断した中村さんは企業や個人から協賛を獲得することで資金を集める方法を取った。

アルバイトのみの資金集めでは時間的余裕がないという状況は今まさに私たちが直面している。

しかし、そもそも中村さんはどうやって短期間で資金を集めることに成功したのだろうか?
その成功の鍵となったのは『旅の企画書』である。

コチラの記事で中村さんが作った企画書が詳しく紹介されている。

参考

【ツール・ド・ヨーロッパ】スポンサーを獲得した「旅の企画書」を公開!Run to Infinity

なんだか見覚えのある人も多いのではないだろうか。

この企画書、実はとても有名で、私の大学では講義の教材としても使われている。
人にモノゴトを上手く伝えるという点で 優れた企画書 として紹介されることもあるようだ。

短期間の資金集めが成功した鍵は分かりやすさに特化した『旅の企画書』にあったのだ。

今後は、中村さんに倣い北アメリカ大陸自転車旅の企画書を作る予定だ。
私たちの旅の独自性も活かしつつ、良い企画書を早急に作らなければならない。

最後に中村さんと写真を撮って頂きました。

私たちの北アメリカ大陸自転車旅を面白くするためのアドバイスも沢山くださり非常に有意義な時間を過ごせました。

お忙しい中、ご協力頂いた中村洋太さんに感謝致します。


※中村さんのブログで私たちの活動を紹介して頂きました。

参考

「アラスカからニューヨークまで、自転車で」学生冒険家の二人Run to Infinity

ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です